たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】・星組 雪組
    星組から。
    コスチュームプレイで楽しそうです。
    藤本ひとみは好きだったんですが、すっかり小説から遠ざかってるので、久しぶりに読んでみようかな。
    ショーは草野先生か・・・。
    基本的に草野先生けっこう好きなんだけど、ボレロならばそればっかりにならないことを祈ります。
    レオンくんのダンスが堪能できる作品になればいいね。

    雪組。
    植爺かぁ。
    ショーはどうでしょうか?
    稲葉先生って、STAY GOLDだったっけ?
    ヴェネツィアのカーニバルって楽しそう(見た目も)だと思います。


    以下、コピペ

    2009/08/13

    2010年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】
    <1~3月・星組『ハプスブルクの宝剣』『BOLERO』/2~4月・雪組『ソルフェリーノの夜明け』『Carnavale 睡夢』>
    8月13日(木)、2010年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場、東京宝塚劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。
    ※今回未発表の作品は決定次第、ご案内いたします。

    星組
    ■主演…(星組)柚希礼音、夢咲ねね

    ◆宝塚大劇場:2010年1月1日(金)~2月1日(月)
    <一般前売:2009年11月28日(土)>
    ◆東京宝塚劇場:2010年2月12日(金)~3月21日(日)
    <一般前売:2010年1月10日(日)>

    ミュージカル
    『ハプスブルクの宝剣』
    ~藤本ひとみ作「ハプスブルクの宝剣」(文藝春秋刊)より~
    脚本・演出/植田景子

    18世紀前半のオーストリアを舞台とした、藤本ひとみ作による壮大なスケールの大河小説「ハプスブルクの宝剣」から着想を得たミュージカル。大きな歴史のうねりの中、ヨーロッパ戦国時代を駆け抜けた、才気溢れる異色の風雲児エドゥアルト・オーソヴィルの波乱に満ちた生涯を描いた作品。ユダヤ人社会を逃れ戦乱の渦中に身を投じ、女王マリア・テレジアとの恋の確執、愛憎入り乱れる中、挫折を繰り返しながらも、ハプスブルク家を支え主君フランツとの友情を温めながら成長していく姿をダイナミックに描き出します。

    グラン・ファンタジー
    『BOLERO』-ある愛-
    作・演出/草野旦

    ボレロは、四分の三拍子のスペインの舞曲で、日本人にとても好まれる曲想です。そんなボレロの持つ甘さ、神秘性、迫力、情熱に乗せて、一組の男女の愛が幻想的に描かれるショー作品。ボレロの他にも多様な音楽を使用し、クラシックな美術を基調にした格調のある場面、荒々しいアフリカの原始的イメージを表現した場面など、多彩な魅力が明るく激しく美しく展開します。

    雪組
    ■主演…(雪組)水夏希、愛原実花

    ◆宝塚大劇場:2010年2月5日(金)~3月8日(月)
    <一般前売:2010年1月9日(土)>
    ◆東京宝塚劇場:2010年3月26日(金)~4月25日(日)
    <一般前売:2010年2月21日(日)>

    赤十字思想誕生150周年
    宝塚ミュージカル・ロマン
    『ソルフェリーノの夜明け』
    -アンリー・デュナンの生涯-
    作・演出/植田紳爾

    現在、世界の186の国と地域に広がる“赤十字”の存在を知らない人はいないでしょう。その人道的活動団体・赤十字は、スイス人実業家アンリー・デュナンが、1859年6月、イタリア統一戦争の激戦地ソルフェリーノにおける傷病者の悲惨なありさまをみて、「苦しんでいる人は敵味方の区別なく救わなければならない」と提唱し、創設したものです。1864年、スイス等の16カ国がジュネーブ条約に調印。晩年(1901年)、アンリー・デュナンは世界平和に対する大きな貢献が認められ、第一回ノーベル平和賞を受賞します。情熱的で人間愛に満ちたアンリー・デュナンの波乱に満ちた生涯を通して、国籍、人種、宗教などにかかわらず、人の命や尊厳を守り、人々が平和に暮らしていくことの大切さを描いた作品です。

    ショー・グランデ
    『Carnavale(カルネヴァーレ) 睡夢(すいむ)』
    -水面に浮かぶ風景(けしき)-
    作・演出/稲葉太地

    10日間に亙って繰り広げられる、水の都ヴェネツィアのカルネヴァーレ(謝肉祭)は、人々が仮装や仮面で本来の姿を隠し、豪奢に繰り広げられるクラシカルな祭りとして世界的に知られています。そのカルネヴァーレをテーマに、誰もが待ち焦がれ、心躍らせ、そして過ぎていくと一抹の淋しさを感じずにはいられない祭りの持つ性を劇場空間に表現したショー作品です。この作品は稲葉太地の宝塚大劇場デビュー作となります。

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/1127-7648cf5b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。