たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「カサブランカ」新公
    カサブランカの公演は終わってしまいましたが、ちょっと書いておきたいことを残しておきます。

    まずは新公。

    新公を観劇したのはこれが2回目でした。
    初めて観たのは、みーちゃん主演のバレンシア。
    たにちゃんのお披露目だったことを思うと久しぶりでしたし、ムラでかいちゃんのお茶会に参加させていただいた時にかいちゃんが歌ってくれた「我々は生きている」にすごーく感動したのでそれを公演で聞けるのが楽しみでわくわくしていました。


    以下感想です。




    宙っ子のコーラスは新公でも本公演に劣ることはありません!
    素晴らしかった!

    リック@凪七
    カチャの出来る事はすべてやっているんだろうな。という印象。
    カラーに合わないながらも、ゆうひくんのリックを踏襲した役作りをしていて、それが別に出来ていない事はない。本公演で大きな役も経験しているし、堂々としていた。歌は低音がきつかったな。でも、カチャの努力でどうにかなるものではない体型と声がどうも大人の男には見えなくて、ある意味かわいそうだなぁ。と思いました。

    イルザ@藤咲
    綺麗だった。ムラでのかつらの評判が悪かったからどうだろうと思ったけど、ムラとは変わってたみたいですね。
    歌が期待した程ではなくて(期待値が高かったんだけど)もっと歌いこんでいる状態で聞きたかったなぁ。いや、綺麗な声だし、カチャとのハモリも良かったです。

    ラズロ@七海
    かいちゃんのもともと持っている雰囲気が優しいから、包容力もあって優しいラズロだった。
    期待していた「我々は生きている」はもうただただ感動。かいちゃんの歌もそうだけど、コーラスも凄くて真中にいるかいちゃんが頼もしく映りました。

    ルノー大尉@鳳樹
    いっちー、上手い!
    みっちゃんの役をあれだけしっかり演じてくるって凄いなぁ。歌も文句なし。

    シュトラッサー@愛月
    かっこいいです。声がまだ幼いけど、これからに期待ですよ。歌も悪くない。
    ちなみに、シュトラッサーの歌の時のバックのドイツ兵が本公演は下級生が多いんだけど、新公の方が上級生で無駄に迫力があった。

    サム@月映
    若さがどうしても出るけど、かわいらしいサムで上手い!

    おっさんたち。
    カール@こおまい、フェラーリ@さっつん、ハインツ@まっぷーがみんな素敵なおじさまで、なおかつ上手い!
    なんて頼もしいんだ。

    歌ウマさんたち。
    行商人のてんれーが上手なのは当然として、そのコーラス隊の瀬音リサちゃん、愛白もあちゃん、最初の方のリックのカフェで歌う子たちもみんな上手なの。娘役が男役パートに入ったりしているのも上手い。
    なんて頼もしいんだ。

    ハプニング。
    銀橋のど真ん中でセリフがぶっ飛んだカチャにはびっくりしました。
    一瞬動きが止まって、その後ちっともセリフが出て来ず「俺、どうするつもりだったんだ?」とかとにかくいろいろしゃべり続け、一緒に銀橋にいるルノー@いっちーに「おまえも考えろ!」とか無茶振り。いや、ルノーが知ってたら話が続かないだろう。ただこの間ずっと間をもたせようとしゃべりつづけたカチャは立派だったと思う。
    どうも客席からヘルプが飛んだらしいですが、その「出て行く。」というキッカケでなんとかお芝居は元通りに。ちゃんとしたセリフにあるルノーの「早く言ってよぉーーー!」というセリフがよりおかしかったのは言うまでもありません。
    そしてルノーが去っていく時に、客席に向けて「グー!」と親指を立てて去っていったのも拍手されてました。帽子を落としちゃってお客さんに拾ってもらったのかなぁ。と思ったんですが、2階にいたので詳細は分かりません。ただ、このハプニングの後はしっかり持ち直し、まったく引きずらなかった。
    舞台全体がより集中したくらい。これも立派だったと思うよ。


    2回目の新公、とても楽しみました。
    新公独特の雰囲気と、緊張感。
    そして、普段はセリフもない若い子達がこんなに出来るんだと知ることが出来る。
    みんな頑張って、これからの宙を支える力に成長して欲しい。

    とりあえず。
    エンカレッジ・コンサートとかまたやらないですかね。
    歌の上手い宙っ子達の表現の場が欲しいです。
    この記事に対するコメント

    突然の投稿失礼致します。ブログの一角をお借りして、公演情報を提供させて頂きます。

    現代芸術界の奇跡とも目される「米国神韻芸術団」の2010年世界ツアーがいよいよ3月に来日します。今回は4度目の来日公演になります。2010年の公 演もこれまでと同様に、全く新しい超大作に仕上がっているようです。私はこれまで3年間の公演を全部拝見させて頂き、その感動がいまだに鮮明に記憶に残っ ております。今年はぜひ他の多くの皆様とその感動を分かち合いたいと思い、この場を借りて紹介させて頂きました。

    チケット情報は次のホームページまで
    www.ticket-online.jp/home/

    また、これまでの日本公演を観賞した作詞家の東海林良氏、作曲家の平井丈一朗氏、俳優の村田雄浩氏、芸能人のデヴィ夫人をはじめ、数々の有名人の方からコメントもあるようです。
    www.epochtimes.jp/jp/spcl_shenyun_1.html
    【2010/02/09 23:22】 URL | yamamoto #wLMIWoss [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/1227-563b0777
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。