たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「カーテンズ」
    大和悠河さん、たにちゃんの宝塚退団後初めての舞台、カーテンズを観て来ました。

    生の舞台でジャニーズの人見るの初めてです。
    生ヒガシだー!と感動。

    トニセンの皆さんは随分昔に間近で見たことあるんです。
    でもそれは舞台じゃなかったので。




    以下、感想です。
    2月20日 12時30分開演  東京国際フォーラム ホールC

    大和悠河@ニキ・ハリス
    久しぶりに会うたにちゃんは相変わらず綺麗で、かわいくて。
    ただ、声が・・・。ずっと裏声なのよね。
    もともと、いろんな声を器用に出すようなタイプじゃないから、裏声なばっかりに声量もなくなってしまっていたし、感情表現の幅も狭まるような気がして残念でした。
    どうも、ブロードウェーの役者さんもこういう声で演じているらしいので、指定でそういう風にしているようですが、私達のようなもともとの宝塚ファンにしてみればいつものたにちゃんの声を知っているから「これは作っている声だ。」って事が分かるけど、ヒガシのファンのみなさんとか初めて“大和悠河”という人を見る人たちにに誤解されやしないかと心配で。
    あまりにも作っている声なので、殺人事件の犯人は実はニキ@たにちゃんなのかと思ったよ。一番疑われてないのも手伝って、一番怪しい人にみえちゃった。
    でも、私にしてみれば久しぶりに会うたにちゃんの姿がそこにあるだけで嬉しくなっちゃって、かわいらしい衣装に身を包んだたにちゃんをご機嫌で見つめていました。

    東山紀之@フランク・チョーフィー
    コメディの舞台をあまりやったことないそうですが、いい感じに軽妙でした。
    宝塚に一緒に行った後輩ちゃんは実は少年隊のファンなんですが、彼女から聞くには「歌はあんまり上手くないよ。」と言ってたのでどうかと思ったんですが、そんな事ないよ!良かった。

    マルシア@ジョージア・ヘンドリクス
    何気に一番歌っていたのは彼女かなぁ?
    上手いし、小さいのに迫力もあります。

    大澄賢也@ボビー・ペッパー
    ダンスはもちろんですが、いい声してるんだよね。
    なんだかんだといろいろ出来る人です。

    鈴木綜馬@アーロン・フォックス
    いい声ーーー!!!
    すごく好みだわ。「二人のミュージック」がすごく良かった。

    岡千絵@バンビ・バーネット
    かわいらしくてダンス場面がすごいですが、対する母親@鳳さんの存在感が大きすぎて、いろいろと小さく感じた。

    芋洗坂係長@シドニー・バーンスタイン
    嫌味でコミカル。最後にヒガシとダンスして、あの体型の違いなのにキレは同じくらいで笑った。

    鳳蘭@カルメン・バーンスタイン
    いや、やっぱすごいわ。
    その存在感に圧倒されます。その舞台を引っ張る力!
    (26日に追記と修正・・・「アプローズ」に出演なさっていたのは「前田美波里」さんですー(汗)すっかりカンチガイしておりました。過去記事確認して冷や汗が。。。お恥ずかしい。)


    劇場で起こる殺人事件がモチーフなのに、明るく楽しいミュージカルで、とても楽しんできました。
    七担の友人たちと一緒で楽しかったし、たにちゃんにも会えて幸せでした。


    それと。

    鳩山由紀夫総理夫人の幸さんが観劇にいらしてました。
    近くで本物見ちゃった!
    テレビでみるそのままだった。
    カーテンコールの時にヒガシに促された鳳蘭さんが「私と大和悠河ちゃんの大先輩、あっ、わたしからはちょっと先輩。」というような紹介なさってました。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。