たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「X day」
    最近観劇感想というものを書かない事が普通になってしまっていて、あまりに情けないというかなんというか。
    自分メモのためにも、順番無視で思いつくままぼちぼち書いていこうかなと。

    まずは「Xday」から。

    って、なぜそこから!?



    まぁ、いい。



    初めての銀河劇場デビュー!

    そして宝塚退団後、約1年ぶりに会う うめちゃんです。



    ネタばれ含みます。
    地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.11

    X day


    2010年7月31日 13時開演  天王洲 銀河劇場


    2009年7月5日。
    それは私にとって忘れられない日で、その1年後に同じ舞台の上に立つたにちゃんと七帆さんの姿を観ることになるとは当然想像もしていなかった事でした。
    そんな幸せな時間を過ごした後で、友人から声をかけてもらいました。
    あれから1年。
    うめちゃんにも会いたい!とお誘いに乗り観劇してきました。

    総括。

    とってもおもしろかった。

    出演者が6人しかいないんですが、その6人の芸達者な事といったらもう!
    2時間10分、休憩なしの舞台でしたが、ぐいぐい引き込まれました。

    とっても盛り上がるオープニングの後から始まるのはオムニバスのような物語。
    それぞれのメンバーが順番に主役となり、その他のメンバーは脇役になったりスタッフになったりする。
    5人の物語が終わったところで、その5人がマスター@岸谷さんのいる、とあるバーに偶然集まる。
    そこで5人の人生が複雑に絡み合っている事が次々と明らかになっていく。

     誰にもそんな 「X day」 が訪れる。

    その絡み合いをほぐし、心に背負った傷を克服し、明日へと歩き出す。

    だいたいのストーリーはこんな感じでしょうか。
    (あくまでも私が受けた印象です。)


    出演者別感想 敬称略(チケットに名前が書いてある順に)

    岸谷五郎
    芸達者。ここまでとは。
    地球ゴージャスの舞台はいつもそうなのか知りませんが、作・演出は岸谷さんなんですね。
    テレビの印象しかないものだから、タップまで踏んだ時には驚きました。

    寺脇康文
    自由人。
    岸谷さんと2人で繰り広げるアドリブ合戦は大笑いでした。
    コンガ(かな?)を演奏したりも。

    中川晃教
    彼の舞台を観るのは初めてだったのですが、軽妙な演技もうまい。
    歌は当然うまいんですが、劇中で歌った曲よりも、最後の挨拶でちょこっと聞かせてくれた声が印象的でした。
    森久美さんとピアノの連弾もありました。

    陽月華
    うめちゃん、変わってない。
    元気で、明るく、目いっぱい動きまわって。
    メガネっ子も、ピアノ演奏も、ちょこっと歌も、キレのいいダンスも。
    もちろんメインの役どころも。
    生き生きとしたうめちゃんに会えて嬉しかった。

    藤林美沙
    オープニングのダンスで「うわー、ダンサーなんだ。かっこいい~。」と思っていたら、歌もうまい!演技もうまい!!なにこの人!!!ステキ!!!!
    振付も彼女だったそうで・・・。
    いろんな舞台を観ると新たな発見とか出会いがありますね。
    とっても素敵な方でした。

    森久美子
    すごい。
    テレビでの明るいイメージだけしか知らなかったので、ギャグっぽい楽しいシーンが上手いのは当然と思って観ていたのですが、シリアスなお芝居になった時の、森久美さんが作り出す空気に圧倒されました。
    歌はいわずもがな。



    明るいオープニングの後、お芝居が始まった時は一瞬「あれ?もしかして苦手かも?」って思ったのですが、全然そんなことなかった。ほんと、一瞬だけだった。

    いろいろ考えさせられて、でも楽しくて、観劇できてよかったです。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/1289-ba0bdf3a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。