たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    宙組「銀ちゃんの恋」
    全ツの初日にダブル観劇してきました。
     
    前回の花組公演の銀ちゃんをすごく楽しんだ私。 (花組の感想は こちら

    今回もとっても楽しみにしていました。


    以下、感想です。


    宙組
    『銀ちゃんの恋』
    -つかこうへい作「蒲田行進曲」より-
    原作/つかこうへい
    潤色・演出/石田昌也


    全国ツアー 梅田芸術劇場
    2010年9月4日 12時開演 16時30分開演


    それが! 初日の席が!! 通路席で!!!

    隣をしょっちゅう銀ちゃん@ゆうひくんが通るし、ヤス@みっちゃんや小夏@ののすみが通るもんだから、もう大興奮の幸せを満喫してきました。見た人はわかると思いますが上手です。ともちんやれーれは反対側だった。
    ゆうひくんの小さいお尻をまじまじと眺めたり(どこの変態)みっちゃんが歌っている時の震えるのど元を観察したり(なんでそこ)すみかウエストほせーと感動したり、忙しいのなんのって。



    銀ちゃんの恋という作品を全ツに持っていくという賛否は置いといて、宙組ファンとして、花組版を観た時に「なんだこの芸達者の集まりは!」と感動した作品を宙の組子達がどのように作ってきてくれるのか楽しみにしていたんです。
    結果は期待以上でした。


    銀ちゃん@大空
    トンデモないやつだけど、なんだか憎めない。
    派手派手衣装もお似合いです。

    小夏@野々
    前からすごかったけど、トップになってさらに迫力が増したね。

    ヤス@北翔
    2幕の迫力!怖いくらいだった。
    ぼろぼろの衣装にスリッパ姿で客席に降りてくるとは。
    妙にきっちりとスリッパはいてるなぁと思ったら。

    専務@悠未
    カラータイマー付き。
    フィナーレのなりきりっぷりも笑いましたよ。

    橘@春風
    みーちゃん、かっこよかった!
    めおちゃんと比べると天然っぽさが足りないような気はしたけど、銀ちゃんに対峙する力はあったように思う。
    フィナーレのエトワール[?!]ではマイクが上手く入らなくて・・音響さん頼むよ!ソロここだけ!

    監督と助監督@寿・天羽
    安心して観ていられるコンビ。

    トメ・マコト・ジミー@風莉・七海・愛月
    じんじんはさすがのおっちゃんで、かいちゃんはぴったり七三のメガネくん。
    どちらも、とっても良かった。
    で、愛ちゃん。
    フツーに女の子だったぞ。もともと女の子っぽい声の子だけれども、意識して女の子っぽくするとホントにフツーの女子になっちゃうんだ・・・。だいもんはまだなよなよした男の子に見えたけど、愛ちゃんは女の子だった。男役をもっと作らないと「オカマ」ジャンルは難しいんだなぁ。

    女秘書@愛花
    たらちゃん、すごく良かった!!
    あそこまでやってくれると思わなかったわ。

    朋子@すみれ乃
    かわいかったー!きらりの朋子さんがすごくかわいかった記憶があったんだけど、れーれもちょう可愛かったよ。

    ヤスの母@邦
    そしてやっぱりこの人に泣かされるのですよ。

    玉美のタマミもすごいことになってたし、小まゆとあいこちゃんのおばさんペアもいい味出してるし、さっつんのマザコンぶりも嫌なオヤジだし(褒めてます)でんぐり返しを披露してくれる春瀬央季くんは拍手もらってたし、橘の子分チーム(こおまい・まっぷー・じゅま・モンチ)も楽しそうにわちゃわちゃしてたし、他の下級生のみんなも小さな役ですが何らかの役がついていて、みんなが楽しそうにお芝居しているように見えるのが楽しかったです。

    フィナーレの「蒲田行進曲」4段活用。
    セットはあのままの黒燕尾でも、私は全然オッケー!
    みんなかっこよかったわ。
    最後にゆうひくんが電飾衣装に羽を背負ってきたのには笑ったけど、全ツだもんアリでしょう。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/1298-e5ade586
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。