たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011年 月・星ラインアップ
    なんつーか、あれだ。


    すごくたのしそうじゃない!!!


    レオン君でノバボサって、しかも初舞台公演って・・・もうねー。


    エイティー☆ファイブ!!!


    とにかく、映像でしか観たことのないノバボサを観れるのが楽しみです。
    きりやんでノバボサっていうのも観たかったんですが、それはそれでね、月組も面白そうですし、とにかく「ショー」っていいよね。うん。
    こう、わかりやすくラインアップでテンション上がったの久しぶりだ。
    来年を楽しみにしていよう。
    ノバの演出は草野先生じゃなくて大介先生なのね。

    以下、コピペ。




    2010/11/10

    2011年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<3月~5月・月組『バラの国の王子』『ONE』><4月~7月・星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』>
    11月10日(水)、2011年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場、東京宝塚劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

    月組
    ■主演…(月組)霧矢 大夢、蒼乃 夕妃

    ◆宝塚大劇場:2011年3月11日(金)~4月11日(月)
    一般前売:2011年2月5日(土)
    ◆東京宝塚劇場:2011年4月29日(金)~5月29日(日)
    一般前売:2011年3月27日(日)

    ミュージカル
    『バラの国の王子』
    ~ボーモン夫人作「美女と野獣」より~
    脚本・演出/木村信司

    18世紀半ば、フランスの作家ボーモン夫人によって書かれた寓話「美女と野獣」を原作とし、魔法で野獣に変えられてしまった王子と、心優しい娘とのロマンティックなラブ・ストーリー。
    原作となる「美女と野獣」は、詩人ジャン・コクトーが映画化したほか、1955年には宝塚歌劇でも取り上げています。近年ではディズニーのアニメーション映画としても知られていますが、今回の舞台化では、原作の古典精神に立ち返り、単なるお伽噺ではなく人間味あふれる物語として、美貌をたたえた「麗しの魔物」を主人公に展開します。

    グラン・ファンタジー
    『ONE』-私が愛したものは・・・-
    作・演出/草野旦

    ものごとの始まりという意味の他、様々な意味が込められた“ONE”という言葉にまつわるイメージをテーマに、華やかで楽しく美しい宝塚ならではのショー。


    星組
    ■主演…(星組)柚希 礼音、夢咲 ねね

    ◆宝塚大劇場:2011年4月15日(金)~5月16日(月)
    一般前売:2011年3月12日(土)
    ◆東京宝塚劇場:2011年6月3日(金)~7月3日(日)
    一般前売:2011年5月1日(日)
    ※本公演(宝塚大劇場公演)は第97期生の初舞台公演となります。

    ミュージカル・ショー
    『ノバ・ボサ・ノバ』-盗まれたカルナバル-
    作/鴨川清作 演出/藤井大介

    1971年に初演し、1976年の再演時には文化庁芸術祭で優秀賞を受賞、1999年に再々演された後も更なる再演の呼び声の高かったショーの傑作を上演。

    ロマンティック・ミュージカル
    『めぐり会いは再び』-My only shinin’ star-
    ~マリヴォー作「愛と偶然との戯れ」より~
    脚本・演出/小柳奈穂子

    18世紀フランスの劇作家マリヴォーが書いた名作喜劇を原作として、結婚しようとする男女が身分を変えて相手を観察することから起こる騒動を、華やかに、かつコミカルに描きます。演出家・小柳奈穂子の宝塚大劇場デビュー作。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/1316-79cdb148
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。