たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『ロミオとジュリエット』
    久しぶりの観劇報告。


    雪組
    三井住友VISAカード ミュージカル
    『ロミオとジュリエット』
    Roméo & Juliette
    Le spectacle musical de GÉRARD PRESGURVIC
    D’après l’ œuvre de WILLIAM SHAKESPEARE
    原作/ウィリアム・シェイクスピア 作/ジェラール・プレスギュルヴィック
    潤色・演出/小池修一郎

    1月29日 11時開演 宝塚大劇場


    すごく良かったの!
    ずっとロミジュリの曲が頭の中をぐるぐる回っている。
    比べてはいけないのは分かっているんだけど、星組の時はそこまでハマりこまなかったんです。
    それは、単純に2回聴いたから私が覚えただけなのかはわからないけれども。

    でも、この雪組のちびっこ3人(ちびっこって言うな!)のバランスと、キムくん・まっつの歌唱力と、脅されていたので覚悟を決めていたちぎ太さんの歌がそんなに気にならなかったこと、みみちゃんが思ったより歌えていたこと、それ以上にとっても可愛かった事、でっかい敵役のオヅキさん、コマちゃんの素敵さと、なにもかもが私の中ではまったんだと思う。それは何かって言われても分からないけど、とにかく気に入ったのです。

    ロミオ@音月
    キムくんがカッコよかった!
    失礼を承知で言うけど、今まで全然興味なかったのよ。
    これはハマり役だと思うわー。
    歌も、こんなに低音がいいとは思わなかったわ。
    すごく目がいった。
    トップ、おめでとう!

    ジュリエット@舞羽
    かわいい。とにかくかわいい。
    そう言えば、私みみちゃんって今まであんまりちゃんとお芝居してるの見た事ないような・・・?
    なので、とにかく歌が苦手な子っていうイメージを勝手に持っていたんだけど、これだけ歌えればいいじゃないか!もちろん、これからももっと上手くなっていってくれると思うけどね。

    マーキューシオ@早霧
    ちぎ太さんには頑張って欲しいの。
    私の勝手な願望ではあるんだけれど。
    で、頑張っていたと思う!思っていたよりずっとまともだったし(どんだけ悪い方に想像してたんだっていう)そりゃ、銀橋はひやひやしたけど、それでもちぎ太さんが大役を務めているのは感慨深いのです。

    ベンヴォーリオ@未涼
    この公演の功労者です。
    すごい、すごいよまっつ!
    キムくんももちろん芯として素晴らしい歌声を聴かせてくれていたのですが、それに対峙する時の群衆の歌の芯にまっつがいる事の頼もしさが素晴らしかった。もちろん一人で歌っている歌もいいです。

    ティボルト@緒月
    かなめくんより地味?立場の事もあるし、私もそういう穿った目で観ちゃうのかな?
    でも、大きくてカッコよかったです。歌も良かったし。

    乳母@沙央
    コマちゃん抜きでこの公演は語れない!
    どれだけこの人に泣かされたことか。惚れそうです。
    星のれみちゃんも良かった。すごく良かった。
    でも、こればっかりは男役の強さとか存在感とかがプラスに働くのだと思った。

    愛@大湖
    お化粧がいつもと全然違ってすごくかわいい。ふわっとしてる。
    最初、愛がせしるだって知ってるのに混乱した。

    死@彩風
    う~ん、ちょっと弱い。
    愛に負けちゃうよ。

    他に役がついているのはモンタギュー家とキャピュレット家のご両親とパリス伯爵と神父さまとヴェローナ大公。くらい?
    役、少ないねー・・・。


    役が少ない点においては、宝塚である以上どうかと思うけど、とにかく良かった!
    久しぶりにこんなに気に入った!って思える公演に出会ったというか。
    どうにか東京でも観たいと思って考え中です。


    ところで、観劇中に青チームのモヒカンの子に目がいって、でも誰だかわかんなくて、プログラムを照らし合わせてどうやら「凰華れの」くんだと分かって、この子がれのくんかー、かわいいなーなんてちょこっと調べていたら今回退団するとな。宝塚はその刹那も魅力ですね・・・。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/1351-1d9fd944
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。