たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    わたるくんと私。
    なんか、べたべたなタイトルをつけてみた。
    頭が混乱してるので、少しは紛らわせることができたら。
    そんな想いで、わたるくんの事を考えてみる。

    わたるくんって、本当に自分の心からの言葉で話す人だな~。
    一問一答なんか見てると、すごくまっすぐで、本当のことを話しているように感じる。

    ENAK

    以下、だらだらと。

    私が初めてわたるくんを映像でみたのは、NHKで放送された、たかちゃんお披露目公演宙組「望郷は海を越えて」「ミレニアム・チャレンジャー」。
    この公演は私が宝塚にはまるきっかけの一つとなってる作品。
    この公演で2番手だったわたるくん。
    蔵人を演じてましたが、トップのたかちゃん@海人との男の友情をかっこよく、時には涙を流しながらの演技。
    内容は、まぁ、ちょっと救いようがないんですが、あの中では蔵人が一番いい役だったんじゃないかと。
    ショーではサヨナラショーでもやった大漁ソーラン、カクテルっぽいセットのみんなではなちゃんを口説くシーンのたかちゃん登場前にこっそり水くんとやってるショートコント、辰の刻のSAM振り付けダンスの切れもよく、とどめは大階段の腕まくりダンス・・・。かっこよかったな~。
    ヅカはまり始めは、たかちゃんとわたるくんが私の中のランキングツートップだった。

    その後、月組の「長い春の果てに」をみた。(ショーは見たことない)
    これもまたクロード(蔵人違いですな)という、りかちゃんにちょっと敵対する役どころの黒い、かっこいい役で。
    白衣姿がほんとにかっこよかったな~。
    ちょこちょこついてまわってるさららんがほんとに子供のようだったもんな。(さららんも好きでしたよ)

    次に、わたるくんお披露目公演「王家に捧ぐ歌」をみたんだよね。
    お披露目らしからぬ、堂々としたラダメスはお似合いだったな。
    あんなでかい衣装はわたるくん以外は着こなせないってくらい。
    役どころもあってたし、美人の檀ちゃんに、すばらしい歌声のとうこちゃん。

    チケットをどうにかして手に入れる手段をみつけて(まぁ、○クとかね)全組観るようになって、でもしばらく星組とは縁がなくて、初めて劇場で生のわたるくんを見たのは「長崎しぐれ坂」「ソウル・オブ・シバ!」でした。(遅いよ・・・。)
    劇場で観るわたるくんは思ったとおりの大きさで、やっと生で観ることができて嬉しかったな~。
    観劇しながら何回も心の中で「わたるく~ん!!」って叫んだな。
    長崎~のほうはふーん。って感じだったんだけど、このショーが好きなんです。わたるくんがかわいくってね。きらきらでね。

    で、この年地元に全ツがきたんです。
    星組「ベルサイユのばら」「ソウル・オブ・シバ!」でした。
    これがまた楽しくってね~。
    私はベルばらデビューがこのツアーだったから、長年のファンのみなさんがいらないと口をそろえる幕開きの小公子、感動したよ。
    幕が上がった途端、客席から「わぁ~~~~」って声があがったしね。(私もその1人)
    まぁ、内容はアレでしたが、あの衣装を見るだけでも価値はあるよね。
    ショーが楽しくって!!
    あれ結構アドリブOK!のショーだったから、ご当地ネタをいつもしいちゃんとわたるくんでやってたようで楽しかった。(1回しかみてないけど。)

    これがあんまり楽しかったので、その後韓国公演のDVDを購入。
    これで私はとうこちゃんにはまるんですが、それは置いといて。
    このショー、何回みたかわかんないな。
    本公演@トド様バージョンより断然こっちのが好き。

    「ベルサイユのばら」では大劇場で役代わりで、つぎつぎとやってくる男役が扮するオスカルを相手に常に大きな男の中の男であり続けたわたるくん。
    (大劇場は全然観てません。写真のみ)
    東京公演でも素敵なフェルゼン様を演じていた。

    そして退団発表後の星組「コパカバーナ」
    わたる@トニー、となみ@ローラがほんとうにはまっていて、宙組はどうなっちゃうんだろう・・・と心配したっけ(笑)。
    最初のとなみ@サマンサが話しかける言葉がそのまま歌詞になっちゃうとこなんかほんとにうまい。

    そして最後の公演。
    「愛するには短すぎる」「ネオ・ダンディズム」
    この公演、好きです。
    大げさな公演(表現がおかしいかな?)ではないんだけど、でもわたるくんのサヨナラにふさわしい演目だったと思う。


    私のまだまだ短いファン生活のなかで、常にそこにい続けたわたるくん。
    こころも体も大きくて、広い客席を包み込む力を持ってるわたるくん。
    出てくる言葉にはいつも真実がこもっているわたるくん。
    本当に人間として素敵な人だと思う。



    昨夜、帰り道でふと空を見上げたら、オリオン座がとても綺麗にみえた。
    冬になり、空気が澄んできたんだな。

    わたるくんのサヨナラはどうだったんだろうな~。
    この澄んだ空気がわたるくんにぴったりだな~。

    そんな事を考えながら、この夜のオリオン座を忘れないと思った。

    もちろんわたるくんの事も。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/171-b125e04d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。