たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    NAGANO MEMORIAL ON ICE 2008  その1@全体感想
    今回のショーは長野オリンピック10周年記念としての開催です。

    懐かしいなー。長野オリンピック。
    あの頃はチケットをどうとっていいか分からず、結局生で観戦できたのはアイスホッケー1試合のみでしたが、(ダフ屋はたくさんいたけどほとんど外人だったし、金銭的にも怖くて近寄れなかった)ちょうど当時長野市に住んでいたAちゃんの家に3日ほど転がり込んで、一緒に楽しんだな。



    無駄に長いです。
    NAGANO MEMORIAL ON ICE 2008
    3月1日 17時開演 ビッグハット

    なんとなくの記憶で書きますので順不同だと思う。

    開演10分前にチャップリンが登場し、リンクサイドの席のお客いじりをはじめました。女の子たちも何人か登場し、花や飴(だと思う)を配ってました。

    さあ、開演時間。
    フラメンコダンサーが案内役として登場。シンガーも男女います。
    ダンサーは靴音を響かせながら踊り、このショーの開始を盛り上げる。が、私の席からは全く見えず。残念。
    男性シンガーがリンクサイドに現れると、スケーター(武史くん)から1枚の通知が届く。
    それを読み上げる男性シンガー。

    「The city of NAGANO!」

    そうです。
    これは長野オリンピック開催決定の瞬間。
    さぁ、いざオリンピックの開幕です。聖火が武史くんの手から次々と人の手を渡り、聖火台へ。
    聖火台に火がうつり、赤く燃え上がる。
    この聖火、もちろん本物の火が燃えているわけではないのですが、リンクサイドの聖火台にずっとともっていました。

    すべての出演者登場でオープニング。
    最後は荒川が田村岳斗くんに肩を抱かれて登場。お姫様ポジ。
    大きなネックレスをプレゼントされて退場。

    思ったよりもずっとショー的要素が強くできていて、とってもわくわくした。

    この記事(たまごは暗号内リンク) を打ったのは一部の終了後だったんですが、私的にはこの一部の終了が一番強力に盛り上がった。感動で泣きそうなくらい。
    滑走順のプログラムが今回なかったのでうろ覚えですが、荒川やペトレンコが盛り上げてから、長野オリンピックでペア金メダルのカザコワ&ドミトリエフ、アイスダンス金メダルのグリシュク&プラトフが登場したのには感動した。両チームとも私にとっては久しぶりで、なおかつどっちも濃厚な空気を作り出すのがうまい!私たちが座った席の周囲は盛り上げ上手が多かったので、それにも乗っかった。私の中の長野の記憶がよみがえり、夢中でテレビの前にいたことを思い出した。

    場面、場面の転換時に登場するチャップリンは確か2部の始まりにも登場した。
    フラメンコの人もシンガーも。
    ここで何故かキャンデロロからのメッセージが映像で流された。
    懐かしいダルタニヤンの衣装を着てました。
    実は男子は「クーリックが来てくれないかな~。」と密かに期待していたんです。これはハズレ。

    エンディングがこれまた楽しい。
    オープニングから物語が続いていたようです。
    オープニングでプレゼントされたネックレスをつけて登場した荒川を巡って、今の彼@岳斗くんと元彼@武史くんで喧嘩になり、荒川はネックレスを金持ちの今の彼@岳斗くんに返し、貧乏な元彼@武史くんの元に戻る。みたいな。(勝手に変な脚色入ってます)
    ぶっちゃけ、ちょっと笑ってしまいました。
    日本人、こういうの似合わねーなー(笑)
    でも、荒川と武史くんの揃ってイーグルは見ごたえアリ。

    エンディングで椅子と共に登場した武史くんが、目の前にいるお客さんに照れてみせていたのに(親しいファンか知り合いだったのかな?)曲が始まった途端、スッとその世界に入り込んだ顔をみせてくれてステキだった。それが良く見える席だった事も大満足。
    武史くんは踊ってなんぼ。この表現力が大好きなのです。
    もちろん滑りも大好きですよ。

    今回の出演者の中での歴代金メダリストが改めて紹介される。
    アルベールビル・男子シングル 金 ヴィクトール・ペトレンコ
    長野・ペア 金 オクサナ・カザコワ&アルトゥール・ドミトリエフ
    長野・アイスダンス 金 オクサナ・グリシュク&エフゲニー・プラトフ
    トリノ・女子シングル 金 荒川静香
    客席からは惜しみない拍手が送られる。

    最後は、このショーの間ずっと燃え続けていた聖火が消され、終了しました。
    出演者みんながリンクサイドを回ってくれます。
    出演者のほとんどがはけると(村主がいつまでもファンに捕まっていた)白塗りの化粧を落としたチャップリン役の役者さんが登場して、本当のおしまいを告げる。これがまたなんだか哀愁をおびていて、とっても楽しかったショーが終わってしまうことがとても寂しかった。

    とはいえ、とっても素晴らしいショーでした。
    今まで観た中でもかなり上位に入る。
    今回は母と、知り会いの方と3人でいったのですが、出演者の大部分が日本人選手で、外国人選手も私は良く知ってても、知らない人は知らないだろうな。というメンバー。正直心配していたんです。私は発表されたメンバーに不満はなかったんですが、決して安くないチケット代を払ってもらい、知り合いを連れて行くという気持ちがあったんですよ。でもこのおばちゃんは、前にもご一緒したことあったし、現れるなり、「うちの人(旦那さん・私も良く知っている)は奈也ちゃん(武田)が好きなんだよ。」と言い出してちょっと安心。結果的には大満足してもらいました。良かったぁ。


    個人感想、別で続きます。
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/651-4c97db10
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。