たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    おうじちゃま・・・
    仕事が終わって「はぁ~。」と一息つきつつモバタカを見て、吹き出したのはわたしです。

    なにこれ。 → これ

    おっ、おもしろ~い♪

    何がどうなるんだろう・・・。
    たにちゃんグッズの「王子ちゃま」がモデルなのかと思ってたよ。(それもどうかと)
    ますますたにちゃんのビジュアル売りに磨きがかかるのか・・!!
    でもでも、そんなたにちゃんが大好きですよ!

    パラ☆プリ」、楽しみですな~♪♪
    ↑↑↑↑ なんとなくこんな表記をしたい感じ。
    コピペですが、適当に切りました。



    2008/06/02

    貴方の夢を現実に!貴方の描いた絵が宝塚歌劇の舞台で動き出す!
    宝塚歌劇宙組公演『Paradise Prince』アニメーションキャラクターデザイン大募集!!
     宝塚大劇場及び東京宝塚劇場で上演する宝塚歌劇宙組公演『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』の舞台中で使用するアニメーションのキャラクターデザインを一般公募いたします。
     『Paradise Prince』は、主演男役・大和悠河が演じるスチュアート・グリーンという主人公がアニメーション作家になる夢に向かってひたむきに生きる物語ですが、劇中でこの主人公が創作するアニメーション“Paradise Prince”(楽園の王子様)のメインキャラクターのデザインを下記の要領で募集させていただきます。


    ○募集内容
    公演の主人公であるアニメーション作家が劇中で制作する“Paradise Prince”というアニメーションに登場するメインキャラクターデザイン。キャラクターのテーマは“Paradise Prince”(楽園の王子様)で、メインキャラクターは劇中で使用させていただくほか、公演ポスター等での使用も検討中です。


    ■ご参考
    1.公演概要
    Musical entertainment『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』
    作・演出/植田景子 
    主な出演者/大和 悠河、陽月 華

     アメリカ西海岸、ロサンジェルス近郊のオレンジカウンティを舞台に、少年の頃に描いたキャラクター「Paradise Prince」に自らの夢を託し、アニメーションピクチャーの世界での成功を目指して前向きに生きる主人公の姿を描いたオリジナルミュージカル。大人になることのほろ苦さ、自分の才能への不信、現実と夢とのギャップに押し潰されそうになりながらも、熱い思いで夢の扉を開いていく現代の若者のサクセスストーリーです。

    ○宝塚大劇場:2008年9月26日(金)~11月3日(月)   
    <一般前売 2008年8月23日(土)>
    ○東京宝塚劇場:2008年11月21日(金)~12月27日(土)   
    <一般前売 2008年10月19日(日)>

    2.Paradise Princeキャラクター イメージ
     舞台はまさに現代2008年のアメリカ。モダンアート界のカリスマアーティストを父に持つスチュアート・グリーンは、幼い頃から絵とアートに囲まれて育ち、その血を受け継いだ彼は、幼稚園のお絵描きの時からすでに卓越した絵の才能を発揮していた。家族は彼を一流のアーティストに育て上げ父の跡を継がせようとするが、成長したスチュアートが描きたいものは“Paradise Prince”・・・。子供の頃の彼がいつも落書きしていた小さな可愛い王子様。永遠に子供の心を持ち続け、大人になる痛みを知らずに楽園に遊ぶ“Paradise Prince”はスチュアートの分身であり、彼の理想。
     ウォルト・ディズニーには“ミッキー・マウス”、サン・テグジュペリには“星の王子様”そしてスチュアート・グリーンには“Paradise Prince”!
     彼の夢は、彼の創った“Paradise Prince”のアニメーションがいつかテレビでシリーズ化されて、多くの子供たちと大人たちに愛され続けること。家族が夕食を食べた後、皆でテレビを囲んで楽しむアニメーション。CGの特殊効果やアート作品でもない素朴な昔ながらの2Dアニメーション。
     そして子供の頃に見た“Paradise Prince”の思い出がいつまでも心の宝石箱に残っているような・・・。
     そんな“Paradise Prince”。


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/723-2dfe073d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。