たまごは暗号
宝塚ファンのじゅんがつづる日常です。
プロフィール

じゅん

Author:じゅん
宝塚ファン、特に宙組好きです。
全組の大劇場公演は欠かさず観ますし、機会があればなるべくいろんな公演を観たいと思っています。
ときどき愛犬ブログに変身。

リンクフリーです。

拍手コメントへのお返事はこちら

つなビィ

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

BLOG PEOPLE

あんずもじ あんずもじ ふい字 ふい字

たまごは暗号を登録! by BlogPeople

いつでも里親募集中

ハルのプロフィール

2011年2月5日よりウチの子になりました☆ 柴系雑種の女の子です。

管理者用

  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する

    ブログ内検索

    RSSフィード

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2009年ラインアップ@花組
    花組から。


    壮くん主演キターーーーーーーーーーー!!!

    おめでとう!!!

    私、壮くんの主演を生で観たことないのよ。
    観てみたかったの。
    次の宙の大劇場とバッチリかぶってますが、どっちも観ます!
    キムシンと壮くんと言えば、黒蜥蜴の波腰警部よりスサノオの月読を思い出す私ですが、どっちにしても好きなキャラなので、勝手に期待しちゃいます。


    全ツは、私コルドバ知らないんですが、いろんなところでネタバレしてるので・・・。
    そうなんだ・・・。と思った次第です。
    もしかして、お芝居もショーも黒塗りなのかな?
    あのショーを全ツでやるのか・・・。
    いや、でも客席降りがたくさんあるし楽しいかもね。

    以下コピペ。



    2008/11/20

    2009年 宝塚歌劇公演ラインアップ【全国ツアー】<5月・花組>
    11月20日(木)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、全国ツアー<5月・花組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

    花組
    ■主演・・・(花組)真飛 聖

    ◆全国ツアー:2009年5月2日(土)~5月31日(日)

    ミュージカル・ロマン
    『哀しみのコルドバ』
    脚本/柴田侑宏  演出/中村暁

    1985年に峰さを理主演により星組で、また1995年には安寿ミラ主演により花組で上演した名作。19世紀末、スペインのコルドバ、マドリッドを舞台に闘牛士の悲恋を描いた物語。エリオは花形闘牛士として賞賛を受け、師匠の娘であるアンフェリータとの婚約も整い、栄光の人生を歩んでいた。しかし、ある夜会で初恋の女性エバと再会したことから、人生の歯車を狂わせることになる。今では実業家ロメロの愛人となったエバだったが、エリオはエバに対する募る想いを抑えることができず、二人は密会を重ねる。しかし二人には隠された、思いもかけない秘密があった……。

    グラン・ファンタジー
    『Red Hot Sea II』
    作・演出/草野旦

    海の周辺は煌くばかりの魅力に溢れている。美しくカラフルに泳ぐ熱帯魚の群れ、海をわたる風、熱い砂浜、夢を誘う遠い水平線、何もかもを飲み込んでしまう波、青い海原を飛ぶ無数のカモメ、豪華客船……。そして海は、多くの小説、ドラマを生んだ。そんな海をめぐる様々な要素を織り込んで、南の海を舞台に、明るく美しく神秘的に繰り広げる、エネルギッシュな熱いショー。2008年に上演し好評を博した作品を全国ツアー版にリメイクして上演。




    2008/11/20

    2009年 宝塚歌劇公演ラインアップ【宝塚バウホール、東京特別】<3月・月組、5~6月・花組>
    11月20日(木)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール、東京特別公演<3月・月組、5~6月・花組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。


    花組
    ■主演・・・(花組)壮 一帆

    ◆宝塚バウホール:2009年5月8日(金)~5月19日(火)
    <一般前売開始:2009年4月 4日(土)>
    <座席料金:全席5,000円(税込)>

    ◆東京特別(日本青年館大ホール):2009年5月26日(火)~6月1日(月)
    <一般前売開始:2009年4月26日(日)>
    <座席料金:S席6,500円、A席5,000円(税込)>

    ミュージカル
    『オグリ! ~小栗判官物語より~』
    脚本・演出/木村信司

    鎌倉時代末期に生まれた説教節の中で最も雄大なスケールを持つ「をぐり」の舞台化。京都二条の大納言の一人息子である小栗は、文武両道にすぐれた美丈夫であったが、大蛇の化身の美女(実はみぞろが池の守護神)と契った罪により、関東に追放される。その後、相模の国の郡代である横山氏の娘の照手姫と恋に落ちたものの、横山一族の許しを得ずに結婚したため、照手姫は父親の怒りを買ってしまう。相模川に沈められようとするところを家臣のなさけで一命はとりとめたものの、人買いの手に渡ってしまう照手姫。そして小栗は、十人の家来ともども毒殺されてしまうが……。主人公・小栗を通して、“死”と“再生”、“受難”と“悟り”を、また照手姫の揺るぎない献身を通して、人の尊い愛について語る作品。


    この記事に対するコメント

    ありがとうございますw
    私も真ん中でお芝居をする“ナマ壮くん”は初めてなので、嬉しいです!
    いろいろな意味で、いまからドキドキです。
    えーっと…オヤゴコロってゆーんですか?(いや、親ぢゃないし! ^^;)
    思えば初主演の新公「愛燃える」の演出も、キムシン木村先生だったのよね。
    今回もどうか“壮一帆”を、よろしくお願いいたします~
    じゅんさん、大劇のすぐ横でお待ちしておりますねv-238
    【2008/11/22 02:18】 URL | Alex #2n1i7lr2 [ 編集]


    ○Alexさま
    そうですよね!Alexさまも生の真ん中壮くんは初ですよね!
    オヤゴコロ、良く分かりますーーー!!!
    私も良く親になってるので(笑)(だから親ぢゃないし! ^^;)
    新公もキムシンだったんですか。それは知りませんでした。
    まだ大劇場公演も控えてますし、少し先の話ですが、期待して待ちましょうe-343
    もちろんバウにも行きますので、また遊んでくださいねv-290
    【2008/11/22 14:42】 URL | じゅん #cYq3zJsc [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://tamagojyunblog.blog55.fc2.com/tb.php/931-25456ff6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。